30代女子が結婚相談所で狙う男性像とは?

20代・30代の婚活は結婚相談所がオススメの理由 > 20代結婚相談所 > 30代女子が結婚相談所で狙う男性像とは?


30代女子が結婚相談所で狙う男性像とは?

002.jpg30代女子はほとんどの人が仕事をもっています。
自分でもそれなりの収入があり、社会経験も豊富なため、男性を見る目も養われています。

理想の男性は、自分より収入があり、安定した職業に就いていて、穏やかで優しい性格、見た目もまずまずの男性。

具体的には、年収1000万以上、一流大学卒、一流企業勤務または公務員、弁護士や医師ならなお良し、包容力があって優しく、清潔感があり背が高く、イケメンとまではいかなくても合格点をあげられる容姿・・・などなど数え上げたらキリがありません。

しかし、これらのいわゆる高スペックな男性は、知ってのとおり競争も激しく、30代女子には過酷な戦いとなるでしょう。結婚相談所においても例外ではありません。

元々数の少ない30代高スペック男子が選ぶのは、若い20代女子が圧倒的で、30代女子でも容姿端麗で高スペックな人に限られます。せっかく結婚相談所に登録して、時間やお金をかけて自分磨きをしても、結婚できなければ意味がありません。

ある程度自分の理想と現実との折り合いを付けることが重要になってきます。

私が30代で登録したときの最低条件は、年収500万以上、大学卒、一流ではなくても安定した会社に勤務している、親と別居、バツイチでも子供なし、趣味など価値観が合いそうな人、生理的に受け付けない容姿ではない人などでした。

自分なりのラインを一応は設けていましたが、例えば年収が450万でも、大学卒ではなくても、見た目がそんなにタイプではなくても、お見合いすることはありました。反対に高スペックな男性とお見合いすることもありました。

年収がそれほどではなくても、会話が弾んで、結婚したら楽しいかもしれないとイメージが浮かぶ人もいれば、高スペックでも話がつまらなくて、気を遣う毎日になりそうだなと感じることもありました。

ただ結婚をするのではなく、幸せな結婚をするためには、譲れない最低限の条件を絞りつつ、柔軟に数多くの男性と会って、自分が本当に求めている男性像を知ることが必要ではないでしょうか。








関連記事
  1. 30代女子が結婚相談所で狙う男性像とは?
  2. 30代女子は結婚相談所が良いのでしょうか?
  3. 20代女子は無職でも結婚できますか?
  4. 結婚相談所で20代女子のお相手男性は何歳になる?
  5. 20代女子の婚活は仲介型よりデータマッチング型が良い?
  6. 20代女子の婚活!結婚相談所vs婚活パーティー